引越しでバイクの廃車手続きするのを忘れてしまった!転居先で出来るの?

Date: 2019年1月23日 posted by: 一人っ子 in: 日記

 

原付バイクの場合、引越しに伴い廃車手続きをしなければいけませんが、忘れてしまった方に向けての投稿です。

また原付以外でも、転居先で廃車手続きを行う方法を記載しておりますので参照して下さい。

 

125cc以下の場合

 

125cc以下のバイクを廃車手続きする際には、基本的にはナンバーを取得した地域の市役所に申し出ることになります。

 

引越し先の地域にある市役所では廃車手続きをすることができず、取得時の市役所に足を運ばなければならないため注意が必要です。

 

この際には、

  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書
  • 印鑑

を持参し、市役所の窓口で直接廃車手続きを申し出ることになります。

 

ただし、郵送による手続きで廃車を完了させることも可能ですから、遠方に引越したという場合には郵送を利用することがおすすめになります。

 

  • 記入済みの廃車申告書(転居元の申告書に記入が必須)
  • ナンバープレート返信用切手を貼り付けた封筒
  • 標識交付証明書

を同封し、ナンバーを取得した市役所に向けて発送しましょう。

 

また、引越し後であったとしても、ナンバーを新しい市町村のものへと変更する予定であればそのまま廃車手続きを行うこともできます。

 

しかし、廃車手続きのみを行うことを目的とした申請は認められていないため、手続きを拒絶されてしまうリスクが伴います。

 

ナンバー変更当日に廃車手続きができる市役所とできない市役所がありますから、ナンバー変更から何日後に廃車手続きが可能になるか、各々の市役所に確認を取って下さい。

 

~250ccの場合

 

126cc以上250cc未満のバイクの場合には、住んでいる地域とナンバーの地域が違うというケースにおいて、管轄する陸運局で転入抹消手続きを行い廃車手続きへと進めます。

 

この場合には、

  • ナンバープレート
  • 発効から3ヵ月以内の住民票原本
  • 軽自動車届出済証
  • 印鑑

を用意する必要があります。

 

ただし、万が一軽自動車届出済証を紛失してしまっているという場合には、その場での廃車手続きが不可能になり流れが一旦ストップしてしまいます。

 

管轄する陸運局によって軽自動車届出済証の再発行ができますから、第一に再発行手続きを行い、その後に廃車手続きを再開することにしましょう。

 

251cc以上の場合

 

251cc以上の場合には、基本的には手続きの方法は126cc以上250cc未満の場合と同様になり、陸運局において移転抹消の廃車手続きを進めることになります。

準備する書類は、

  • ナンバープレート
  • 車検証
  • 印鑑
  • 新住所の住民票

 

申請書は、陸運局にある抹消登録申請書と手数料納付書への記入が必要になります。

 

抹消手続きには永久抹消と一時抹消の二種類がありますが、今後バイクを中古で売却したいという場合には一時抹消を選択してください。

 

もし、バイクを廃車にするのであれば、手続きの手間をかけずに売却したり、大体の査定額は幾らなのかを調べてみましょう。


バイクの廃車に費用をかけるのはもったいない!

 

251cc以上のバイクにおいても、陸運局と郵送のやり取りで廃車手続きを進められる場合がありますから、まずは最寄りの陸運局と連絡を取り、最も簡単な廃車方法を選びましょう。

Comments

Comments are currently closed.