冷蔵庫を運ぶ際には準備が必要!さらに注意したい点

Date: 2016年6月23日 posted by: 一人っ子 in: 日記

 

ice-cooler
単身者用の小型の冷蔵庫であれば、自力で運んで引越し費用を抑えようという方も多いはず。

 

 
そこで、事前にやる事や注意したい点についてまとめておきます。

 

 

まず、運ぶ前には、中身を全部処分して水抜きを行います。

(これは業者に依頼する場合も同様にやるべき事となります。)

 

準備期間は、大体一週間前ほどから献立を考え、引越し前日には空になるように計画を立てて下さい。

 

 

 
処分方法は、食べ切ってしまうか、処分するか、またはクール宅急便やクーラーボックスを利用して輸送するかを選択してください。

 

 

 

前日になったら、電源を抜いて、霜取りが必要な旧式な冷蔵庫は霜取りを行い、

 

それ以外は、冷蔵庫下部にある受け取り皿に貯まった水を抜きます。

 

 

 

残った水分はタオルで拭き取り、また同時に重曹水などを併用し、臭いを取っておく事もお勧めです。

 

 

 

当日になったら、今度は輸送になりますが、トラックで運ぶ場合も自家用車で運ぶ場合も、必ず立てて運搬します。

 

 

横にすると、内部のコンプレッサーを動かすオイルが配管から別の場所に流れ、

 

 

その状態で作動させると故障や寿命を短くする恐れがある為、寝かせないようにして下さい。

 

 

もしも、運搬が難しく、寝かせてしまった場合は、到着後半日程度は、立てたまま電源を入れずにそのままにして置いて下さい。

 

 
トラックで運搬する場合は、必ず周りを古毛布でくるみ、ロープで縛り運転中に動かないように固定します。

 

 

走行中は震動が激しくなる為、可能な限りスピードを出さずにゆっくりと走行して下さい。

 

目的地に到着し、設置したら電源を入れて、内部が冷え切ったのを確認してから食材を入れていきます。

 
夏場では1日、冬場では3~5時間程度で冷えてきます。)

 

 

もし、いつまで経っても冷えない場合は、一度電源を抜いてから、半日程度待ってから再度電源を入れてみてください。

 

 

 

これで冷蔵庫の引越しは完了ですが、慣れていない運搬を行うと故障してしまうこともあります。

 

出来る事なら、家電類は専門業者にお任せする事もお勧めしておきます。

 

今は、安く運べる業者も増えてきているので、いくらぐらいになるか見積もりだけでも取って比較して下さい。

 

 

冷蔵庫運搬.com
(冷蔵庫を運べる格安業者や、費用の目安を知る為の計算機、保証の事や注意すべき点を事細かに掲載中です。)

Comments

Comments are currently closed.